STORY

メインビジュアル

画像

画像

画像

画像

DBW STORY

「あなたの没入孔に神経接続する。
準備はいいか」

AREA2470は、ニシナリ地区、i-reen10-9(特区)、トビタsin/city、シン・世界の4地区の総称である。ニシナリ地区は、南港(サザンポート)からDTB:reまでを結ぶ基幹道、ルート26を有す。旧DBWやニシナリ忽布芸能社などの企業を招致した、麦酒特化型工業団地が一般には有名である。
i-reen10-9。度重なるNishinari Riotにより疲弊していたが、1990年、エミリー。ヤマト、オオサキと名乗っていたホフピンスキ兄弟。3名による麦酒の醸造と、天然忽布の栽培により、街は復興する。ハギノチャヤ農場と呼ばれ、50000haに及ぶ、天然忽布の一大産地であった。
しかし2000年代に入り、原因不明の大火災により忽布畑と加工工場は焼失。世界の忽布均衡が崩壊し、後の天然忽布の枯渇と価格高騰、世界情勢不安を引き起こしたと言われている。
トビタsin/city。TOVITA COOKING ASSOCIATION、すなわちトビータ・シン・シティ料理組合という自警組織により、4地区の中で唯一ホフピンスキ党政府の管轄外とされている。AREA2470唯一の治外法権区域。表向きは料亭街として運営されており、数名の支援者からの資金提供により政府統括を逃れ、自治運営がなされている。
反政府主義者が身をやつす場所に使われることも多い。
シン・世界。MEGA-Transportation Methodsの南海電磁鐵道(ナンハイ・レイルウェイ)と、KEEN-TE2鐵道(キーン・テ・ツー)の終着駅を有し、2-10郭(ツー・テン・かく)を中心とした同心円状に広がる、半径100キロ超に及ぶ電脳麦酒繁華街である。
あらゆる麦酒と欲望を飲み込み、巨大化し続ける、昼夜を問わず蠢く街。
ホフピンスキ党本部や、広域統治機構贅四衛府(ぜいしいえふ)も配置。2020年、話題沸騰となったビジュアルブック「NON REPLICANT HOP」の舞台でもある。
2010年代の不自然な天然忽布の高騰、そして希少化。世界情勢の不安、新興国の頻発するクーデター。不安と無秩序に包まれたAREA2470。労働者階級を中心に、不満が爆発寸前であった。
突如現れた、シトラ・ホフピンスキによる解決策の提示、それが人造忽布の出現と、下面発酵醸造による活用であった。安価で安定供給が可能な、人造忽布100%使用の麦酒の供給をマニフェストに掲げた、ホフピンスキ党。シトラが率いるホフピンスキ党は、貧困にあえぐ労働者層に絶大な支持を得て、急成長を遂げる。巧みに人心を掴む彼に、危うさを感じる者もいたが、その多くは投獄され、また消息不明となっていた。だが、時の政府、ホフピンスキ党の弾圧に、いくつかの抵抗運動(レジスタンス)が勃興した。エミリー・スコット率いる「Nishinari Hop Headz」「Tovita Cooking Associatition」そして、かつて共に醸した弟の愚行を自ら止めるため、カール・レーフラーことシムコ・ホフピンスキが率いた宗教団体「Anonymous Brewholic Foundation」。
彼らは軍事行動による意志発揚、宣伝洗脳媒体の侵入支配(ハッキング)による民衆意識の塗替を続けていった。ただ、天然忽布と、上面発酵の復権のために。。。

BEER STORY

Derailler Brew Works(ディレイラブリューワークス)の作るビールにはそれぞれの物語があります。
読んでから味わうとちがった世界が見えるかも

  • 西成ライオットエール

    新世界ニューロマンサー

  • 西成ライオットエール

    梅海

  • 西成ライオットエール

    NIGHT RIDER ROUTE26

  • 西成ライオットエール

    ワンダーモモ・ミリオンライブ!

  • 西成ライオットエール

    2470 FUNKADELIC CULTURE SCHOOL

  • 西成ライオットエール

    SLUM DUNK MILLIONAIRE

  • 西成ライオットエール

    西成ライオットエール

  • 西成ライオットエール

    けものみち IN THE WOODS